Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

記事 「グランツーリスモ」で人間を破ったソニーのAIは、自律走行車に進化をもたらすか

「グランツーリスモ」で人間を破ったソニーのAIは、自律走行車に進化をもたらすか

「グランツーリスモ」で人間を破ったソニーのAIは、自律走行車に進化をもたらすか
491
630
700
369

宮園拓真は、4歳のころに父親がモータースポーツゲーム「グランツーリスモ4」を買ってきたことがきっかけで、ヴァーチャルカーレースを始めた。それから16年後の2020年、宮園はグランツーリスモの世界チャンピオンとなり、史上初のeスポーツモーターレースイヴェントの三冠王となった。

しかし、そんな彼でさえも、「Gran Turismo Sophy(GTソフィー)」のような“ドライヴァー”をグランツーリスモで相手にするのは初めての経験だった。GTソフィーとは、「グランツーリスモ」シリーズを手がけるソニーとポリフォニー・デジタルにより開発された人工知能(AI)である。

「ソフィーの運転は非常に速く、ベストドライヴァーに想定されるようなラップタイムを超えています」と、宮園は通訳を介して説明している。「なによりソフィーを見ていて、実際に目にするまでは不可能と思っていた動きがいくつかありました」

極めて重要な成果

コンピューターがますます多くのゲームをマスターするなか、ヴィデオゲームは近年になってAIの研究における重要な実験場となってきた。しかし、「グランツーリスモ」は機械にとっての新たな重要な課題を提示している。

AIがマスターしたチェスや囲碁などのボードゲームに比べ、「グランツーリスモ」では連続的な判断と高速な反射神経が要求される。「スタークラフト」や「Defense of the Ancients(DotA)」のようなアクションゲームよりもはるかに複雑で、高レヴェルの運転技術が求められるのだ。

「グランツーリスモ」で人間を破ったソニーのAIは、自律走行車に進化をもたらすか

「グランツーリスモ」のトップドライヴァーは、ヴァーチャルカーを限界まで追い込みながらも、摩擦と空気力学、緻密なラインどりと格闘しなければならない。それと同時に、ほかのクルマに対する不正な進路妨害によってペナルティを受けないようにしながら、勝利を目指さなければならない。

「人間のドライヴァーとの直接対決でここまで巧みに相手を打ち負かしたことは、AIにとって極めて重要な成果といえます」と、スタンフォード大学教授で自律走行について研究しているクリス・ゲルデスは、2022年2月9日(米国時間)に学術誌『Nature』にソニーAIの研究員らによる論文と併せて掲載された記事で語っている。

自律走行車の進化につながるか

GTソフィーの開発に用いられた技術は自律走行車の開発に役立つ可能性があると、ゲルデスは語る。現在の自律走行車には、GTソフィーが道路標識を把握したり、ほかのクルマや障害物を検知したりするために採用したようなニューラルネットワークのアルゴリズムしか用いられていない。クルマを制御するソフトウェアは、依然として手動で組まれているのだ。

「(グランツーリスモの)コースにおけるGTソフィーの成功は、自律走行車のソフトウェアにおいてニューラルネットワークが現在より大きな役割を担う日が来る可能性を示唆している」と、ゲルデスは指摘している。

ソニーは2020年、高度な運転アシスト機能を搭載した電気自動車(EV)のプロトタイプを開発中であると発表した。しかし同社は、GTソフィーを自動車に採用する予定はまだないとしている。

さらにGTソフィーは、現実世界のAIシステムを開発する上で、模擬環境がいかに重要となっているかを示している。自動運転技術を開発する多くの企業は、アルゴリズム用のトレーニングデータの生成に高度なコンピューターシミュレーションを用いている。例えば、グーグルの親会社であるアルファベット傘下のWaymoによると、同社の車両は2,000万マイル(約3,200万km)に相当する距離のシミュレーション走行を実施したという。

タグ: 人工知能aiが重要になっている理由