Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

記事 幸せなデジタル社会を作るための処方箋とは 堤未果さん「デジタル・ファシズム」

幸せなデジタル社会を作るための処方箋とは 堤未果さん「デジタル・ファシズム」

幸せなデジタル社会を作るための処方箋とは 堤未果さん「デジタル・ファシズム」
491
630
700
369

大木:新刊『デジタル・ファシズム

堤:この本は日本でデジタル庁が発足する1日前に出しました。世界的な新型コロナウイルスのパンデミック下で、リモートやオンライン教育など一気にデジタル化が進みましたよね。でもこうした非常時には私達国民は頭が働きません。デジタルのような新しいテクノロジーなら尚更、「専門家に任せよう」と丸投げになってしまう。本当は、デジタル化のように社会を根底から大きく変えてしまうような技術こそ、当事者である私たちが設計段階でしっかり関わらなければならないのです。デジタル化の素晴らしいところ、気をつけないといけない部分、これだけは落としてはいけないことなど、スピードが速いものなので、できるだけ早く全国民に伝えようと、緊急レポート的に書きました。

田中:この機会にこの本を読むことができてとてもよかったです。コンピューターサイエンスを礼賛し、明るみに出ている社会の分断に対して目を背けがちな時代に、待ったをかける言説は国内では見かけることが少ないと感じています。そんななか、テクノロジーの危険性に科学的根拠をもって警鐘を鳴らしている一冊だと思いました。

大木:私は大学で憲法ゼミに所属し、国の政策の問題点や修正すべき点について、憲法上の問題を交え議論しています。現在の政府の動向は、公共上の利益を軽視しているのではないかという問題意識を持つようになりました。著書にもありましたが、近現代史に学び、公共の精神を考えることの重要性を感じました。

日本の国際競争力が低下した理由

田中:最初の質問ですが、日本のテック企業はなぜ力が弱く、GAFAに負けてしまうのでしょうか。国際競争力の低さは何が原因なのか教えていただけますか。

堤:田中さんはどうしてGAFAがこんなに強くて日本が弱いのだと思いますか。

田中:難しいですね……。GAFAが強い原因は、アメリカに「出る杭を打たない」文化があるといいますか、人口の多さもあるかもしれませんが、コンピューターの力で世界を変えていこう、良くしていこうという人が過去40年多く存在して、その結果大きな成長を遂げたのではないかと思います。僕も今アップルのノートパソコンを選んで使っています。

大木:昔は日本企業が強かった時代があったと思うのですが、今こうなっているのは、日本の企業体制に少し問題があったのかなと思いますね。自由な発想を伸ばしていくのではなく、上が決めたことに従う国民性がもしかしたら一つの原因ではないかと思います。

堤:おふたりとも大事なポイントを話してくれました。今、私たちの身の回りにはアップルのスマートフォンがあって、なにか分からないときはグーグルのウェブ検索を使う。一日に何回もFacebookをチェックする、そうですよね?

テクノロジーで実力社会が加速する?

田中:インターネット上で「情報強者」「情報弱者」という言葉を見かけますが、テクノロジーによって実力社会は加速するのでしょうか?<16年の米大統領選を境にPost Truthという言葉の流行や、最近ではメリトクラシーに注目が集まっています。超巨大テック企業のプラットフォームコンテンツが生み出す社会の分断に対して、我々はどう対処していけばいいのでしょうか。

堤:メリトクラシーとは一言で言うと「能力主義」、実力や能力ですべての価値が決まる、という考え方ですね。おふたりはテック企業のコンテンツが生み出す分断をどういうときに感じますか。

田中:衆議院選挙や少し前の横浜市長選で、候補者を支持する人たちが論戦を繰り広げているのをツイッターでよく目にしたのですが、自分が信じたいものしか見ないようになっているように思えて分断を感じました。

大木:SNSが発展してきたことによって、自分と意見が似ている人を見つけやすくなりました。仲間がいるからこの意見は正しいんだと思い込む人が多くなったのかな、と感じています。

堤:おっしゃる通りですね。GAFAのマーケティング手法の一つとして、感情を操作することがあります。たとえば(SNSなどで)「いいね」がつくと、私たちは報酬をもらったような気持ちになるんですね。脳から報酬を得たときの嬉しい成分が出る。逆に自分の投稿がスルーされたら孤独感を感じる。そういった感情を、飴と鞭のように上手に使い分けて、最終的に消費行動に結びつけるのがGAFAのビジネスモデルです。

デジタル化の推進に「公共の精神」が不可欠

田中:ありがとうございます。GAFAの世界を相対化して、ひとりひとりが考えることが必要ですね。次の質問ですが、本書で政府の「公共の精神」の重要性を説かれています。さまざまな利権の事例もありましたが、現在日本でどのように「公共の精神」が失われつつあり、それを取り戻すために必要だと思うことを教えてください。

堤:まず、公共について水道を例にして考えてみましょう。水はみんなのもので、自然災害が起きた時には、お金にならなくても被害に遭った地域の人にできるだけ早くきれいで安全な水を配らなくては、と思いますよね。それが公共の精神です。「今だけ、金だけ、自分だけ」ではなく、みんなのため、地域のため、100年後の国を生きる子どもや孫が幸せに笑っていられるように、という考えですね。

幸せなデジタル社会を作るための処方箋とは 堤未果さん「デジタル・ファシズム」

大木:最後に、これからの時代を担っていく若い世代に堤さんが期待することを教えてください。

堤:デジタル化は止まらないし、もっと急ピッチになっていきます。テクノロジーは素晴らしいので上手に使っていけば良いと思っています。日本ではデジタル庁がつくられましたが、デジタルを使ってその先にどんなふうに国民を幸福にしていくのかのビジョンがみえず、大臣も1ヶ月で交代、プラットフォームは外国企業に任せるなど、今のデジタル化だけを見ているとディストピア方面に向かっていると不安にならざるを得ないのですが、、私は希望を捨てていません。何故なら実はデジタル社会をこれから作っていくのはおふたりのような若い年代のデジタルネイティブの人たちだからです。まず、私たちが設計していく世代なんだ!

大木:公共の精神をしっかりと持ち合わせて自分たちの未来をつくっていきたいと思いました。普段なかなかデジタル社会の危険性や落とし穴に考えを巡らせることがありませんでしたが、とても良い機会になりました。

田中:この国が外資系企業に買われてしまう危機感、そして、自分たちがデジタルネイティブとして政治や制度設計に参加していかなくては、と強く責任を感じました。ありがとうございました。

タグ: いつaiは人間の知性と等しくなりますか