Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

記事 「驚けるコンピューター」の出現が、 AIにブレイクスルーを起こす 人工知能にはできない仮説的推論の持つ力

「驚けるコンピューター」の出現が、 AIにブレイクスルーを起こす 人工知能にはできない仮説的推論の持つ力

「驚けるコンピューター」の出現が、
AIにブレイクスルーを起こす
人工知能にはできない仮説的推論の持つ力
491
630
700
369

機械にアブダクション(仮説的推論)はできるのか?

安藤昭子氏(以下、安藤):私からのアブダクションについての基本的なお話については、このあたりまでとさせていただきまあす。

今日は予告していましたように、ゲストをお呼びしています。「機械にアブダクションはできるのか?」。そんなことを、人工知能研究の観点から考えてみようという試みです。

オフィス用品でお馴染みのアスクルという会社で、先端テクノロジーを手がけるチームで人工知能を研究されている、小池和弘さんをお呼びしています。拍手でお迎えください。どうぞ!

「驚けるコンピューター」の出現が、
AIにブレイクスルーを起こす
人工知能にはできない仮説的推論の持つ力

(会場拍手)

小池和弘氏(以下、小池):こちらこそありがとうございます。

安藤:小池さんはアスクルの主席研究員でいらっしゃいます。今日はお手元にパンフレットもありますけど、「イシス編集学校」という、編集工学研究所がやっている編集力をきたえるための学校で師範もされていて、編集工学を伝える側の人としてもご活動していただいています。お話に入る前に、小池さんが普段アスクルでどんなことをされているか、少しかいつまんで教えていただけますか?

小池:そうですね、先端テクノロジーというのは、まだわりとできたばっかりの組織です。1年ようやく経ったかぐらいの組織なんです。AIとか、ロボティクスとか、IoTといった、いわゆる先端テクノロジーのR&D(研究開発)をやってます。私は特に、AIとIoTをやっています。

安藤:はい、ありがとうございます。今日は、アブダクションを考えるにあたって、人工知能(AI)の研究の最前線では、このアブダクションって、どうとらえられるのか。一言でいえば、今日のサブタイトルにもなっている「ひらめき」とか「直観」、「飛躍的な仮説って、AIでできるようになるんですか?」というような話を、その道のプロをお呼びしてお聞きしたいなと思って、お声がけしました。

小池:お声がけありがとうございます。なんですけれども、大変なお題をいただいちゃったなと思いまして。安請け合いしてちょっとだけ後悔しています。

タグ: 人間の知性に似せるためにaiがどのように機能するか