Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

記事 DWHとデータレイクを運用する住友生命、なぜ2つのデータ分析基盤が必要なのか

DWHとデータレイクを運用する住友生命、なぜ2つのデータ分析基盤が必要なのか

DWHとデータレイクを運用する住友生命、なぜ2つのデータ分析基盤が必要なのか
491
630
700
369

図 住友生命保険がクラウド上に構築したデータ分析基盤2つの分析システムを使い分ける(出所:住友生命保険の資料を基に日経コンピュータ作成)[画像のクリックで拡大表示]

<2つの使い分けについて住友生命保険の中川邦昭情報システム部上席部長代理データ分析プロジェクトチームリーダーはこう説明する。「情報分析システムは業務システムと位置付けている。全社員が使うので安定性が求められる。一方、スミセイデータプラットフォームはデータサイエンティストがビッグデータを分析するためのシステムであり、可用性より拡張性や柔軟性を重視している」(中川リーダー)。

DWHとデータレイクを運用する住友生命、なぜ2つのデータ分析基盤が必要なのか

ダッシュボードに情報を統合

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。

タグ: なぜインテリジェントAIは危険なのですか