Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

記事 オダギリジョーさんと窪塚洋介さんが俳優人生史上初の共演!WINTICKET新CM「8時半だよ。競輪集合。」他 7パターンを一挙公開 | ミッドナイトを楽しむ二人の姿を描く連作CM

オダギリジョーさんと窪塚洋介さんが俳優人生史上初の共演!WINTICKET新CM「8時半だよ。競輪集合。」他 7パターンを一挙公開 | ミッドナイトを楽しむ二人の姿を描く連作CM

オダギリジョーさんと窪塚洋介さんが俳優人生史上初の共演!WINTICKET新CM「8時半だよ。競輪集合。」他 7パターンを一挙公開 | ミッドナイトを楽しむ二人の姿を描く連作CM
491
630
700
369

出演:オダギリジョー、窪塚洋介

放送開始日:2021年12月18日(土)放送エリア:全国URL:https://youtu.be/uVDC2lLRO1c

ストーリー:「街が眠りだす頃」「俺たちの時間が、動きだす」というナレーションをバックに、人混みの中を颯爽と歩く二人。高架下で出会うと、オダギリさんの「8時半だよ。」に、窪塚さんが「競輪集合。」と答えます。

■TVCM「11時半までだよ。競輪集合。」篇出演:オダギリジョー、窪塚洋介放送開始日:2021年12月18日(土)放送エリア:全国URL:https://youtu.be/-G6mg5y2IVQ

ストーリー:居酒屋に残った二人に店主が閉店を告げると、窪塚さんが「おやっさん、まだ終わってねえよ」、オダギリさんが「競輪は、毎晩11時半まで」と答えます。「きまったねぇ」と満足げな二人に対して、店主が「おまわりさーん!」と叫び、二人は慌てて「すみません。すみません。」と店を後にします。

■TVCM「ポーズ」篇出演:オダギリジョー、窪塚洋介放送開始日:2021年12月18日(土)放送エリア:全国URL:https://youtu.be/OyGijez4J1A

ストーリー:おでんの屋台で一杯やりながらWINTICKETで競輪を見る二人。窪塚さんがレースの結果に「なんでだよ!」と声をあげると、オダギリさんが「見る姿勢変えてみろよ」とアドバイスします。「え?」と驚く窪塚さんに「競輪なんだから、こうだろ」と競輪選手のように自転車に乗るポーズをとるオダギリさん。それを「こう?」と真似る窪塚さんにオダギリさんは「もっとケツあげて!」と鼓舞します。白熱する二人に応えるようにスマホの中のレースも盛り上がり二人は「おーーーー!」と絶叫します。

■WEBCM「センス」篇出演:オダギリジョー、窪塚洋介公開日:2021年12月15日(水)URL:https://youtu.be/l24IhPYVDYw

オダギリジョーさんと窪塚洋介さんが俳優人生史上初の共演!WINTICKET新CM「8時半だよ。競輪集合。」他 7パターンを一挙公開 | ミッドナイトを楽しむ二人の姿を描く連作CM

ストーリー:おでんの屋台でWINTICKETのレースに「いけ!逃げ切れ!よっしゃー!獲った!」「センスあるかも」と自画自賛する窪塚さん。それに対しオダギリさんは「ないないない」と否定するかと思いきや「センスしかない」とベタ褒めします。窪塚さんは照れながら「ジョ〜ちゃ〜ん」と肩を抱き、オダギリさんも「ようちゃ〜ん」と笑顔。その流れでオダギリさんが「俺もセンスあるよな」と聞くと窪塚さんは「ないないない」「ほんとにない」と真顔で答え、オダギリさんは「おい」と突っ込みます。

■WEBCM「1,000pt」篇出演:オダギリジョー、窪塚洋介公開日:2021年12月15日(水)URL:https://youtu.be/jvWIqCEkNrA

ストーリー:居酒屋でWINTICKETで競輪を始めようとするオダギリさんに、金欠を理由に渋る窪塚さん。オダギリさんが「大丈夫だよ、1000円分無料で投票できるから」と教えると、窪塚さんは驚きながら「それって、ノーリスク?」と問いかけ「ハイリターン」と答えるオダギリさん。息ぴったりの二人の問答に加えて、店主や隣の女性客を巻き込んで「ノーリスク」「ハイリターン」が繰り返されます。

■WEBCM「AI予想」篇出演:オダギリジョー、窪塚洋介放送開始日:2021年12月15日(水)URL:https://youtu.be/YnpOIANQRd8

ストーリー:「次のレース難しいなー」と悩む窪塚さんに「AI予想にしたら?」とアドバイスするオダギリさん。それでも自分の勘を信じようとする窪塚さんにオダギリさんは「人工知能とお前の知能、どっちが優れてんだよ」と言い放ちます。「大体お前、AIが何だか分かってねーだろ?」と馬鹿にするオダギリさんに、窪塚さんは「知ってるわ!アメリカの‥‥ジョン・マッカーシー教授によって提唱された、『知的なコンピュータプログラムを作る科学と技術』、英語だとArtificial intelligence。」と流暢に答え、オダギリさんは驚いて「ごめん」と一言。ラストは窪塚さんがオダギリさんに「Artificial intelligence」の発音をレクチャーしますが、オダギリさんが笑ってしまい、窪塚さんも笑いながら「Don’t laugh」と諌めます。

■WEBCM「チャージ」篇出演:窪塚洋介公開日:2021年12月15日(水)URL:https://youtu.be/TEodZYq_Ejk

ストーリー:牛丼屋でひとり牛丼を食べながら窪塚さんは「WINTICKETって色んなポイントでチャージできるの知ってる?」と店員に話しかけます。知らないと素っ気なく答える店員に構わず、WINTICKETとポイントについて語り続ける窪塚さん。テンションの上がった窪塚さんが「貯めて貯めて競輪にドーン!PayPayもポイントも競輪にドーン!ギュウドーン!競輪ドーン!」と畳み掛けると、しびれを切らした店員が「いや、ここ牛丼屋なんで、バーみたいに絡まないでもらえますか」とかわされます。それでも「ギュウドーン!競輪ドーン!」を繰り返しますが「またのお越しを」とあしらわれます。

オダギリさんと窪塚さんは今回が初対面でしたが、握手を交わし、監督からディレクションを受けながら撮影について話し合ううちに打ち解けた雰囲気に。独特の演出やルールに「難しそうだから、(撮影を)明日にしますか!?」という窪塚さんの冗談にオダギリさんも笑います。最初に撮影された屋台でのシーンでは、おでんをつつきながら会話するうちにすっかり意気投合した様子。「ジョ〜ちゃ〜ん」「ようちゃ〜ん」と持ち上げ合うシーンでは監督から「いちゃいちゃしてる(笑)」と評されたり、「おーーーーーー!」など感嘆詞の多い演技に「語彙力、大丈夫?」など笑い合う場面もありました。高架下のシーンではカメラを回すタイミングがどうしても電車の通過に重なってしまうこともありましたが、笑顔で切り替えるオダギリさん、変顔で笑わせる窪塚さん。収録は深夜まで続きましたが、お二人の気さくさに救われたCM撮影となりました。メイキング&インタビュー:https://youtu.be/aeLJ6PILCcQ■お二人は今回が初共演ですが、お互いの印象は?窪塚さん:すごくシンプルというか、僕が最初にジョーくんに持ってたイメージのまんまというか。ストレートで朴訥とした方だったんで、すごく一緒に仕事しやすいし、自分もシンプルにいられるなっていう感じです。オダギリさん:僕はもう大遅刻したんですよ、この日。だからやばいなと思って、出会いから謝らなきゃいけないなっていう。でも全く怒ってなくて、広い心で受け止めてくれて、優しい人だなと思いました。■どんな風にWINTICKETを楽しみたい?窪塚さん:あんまりギャンブルやる方じゃないですけど、これを機にやるなら、当たるも八卦当たらぬも八卦、当たればラッキーだし、当たらなかったら経済を回すお布施をしたんだなと思うかな。オダギリさん:僕もあんまりギャンブルをする方ではないですけど、せっかく夜なんで、友だちと集まってみんなで予想し合うみたいな。ゲーム性も増すでしょうし、お酒を飲んでリラックスしながらのエンターテイメントとしても考えられると思うので、夜の過ごし方の一つの提案みたいなことになるんでしょうね。■普段の夜の時間の過ごし方は?窪塚さん:昨日も(オダギリさんと)話してたんですけど、1人で酒飲むよねみたいな話してて。そこで意気投合したってとこありますね。飲みながら1日を振り返ったりするんですか?オダギリさん:映画見たりとかTVぼーっと見てたりとか、最近は気分転換も含めて書く作業みたいなことが多いですかね、脚本とか。■WEBCM「センス」篇であったセリフのように、自身に「センスある」と感じることは?オダギリさん:滅多に料理はしないんですけど、ふとしたときの「これ入れたら絶対うまくなる」っていう。あれって、センスですか?ですよね。それはなんかちょっと、たまに来ますね。窪塚さん:自分のメンテナンスというか、フラットなところに持っていく、(マイナスな状態から)ゼロに戻すみたいな作業は昔からやってきたけど、コロナが流行り出してからより本格的にやっていて。そうすると酒飲んでぐだぐだになってもリカバーが早かったりとか、軽快に元気に過ごせているから、そういうバランスを取るセンスはあるんじゃないかなあと思ってます。■コロナ禍で競輪に初挑戦する人が増えていますが、今後初挑戦したいことは?窪塚さん:(オダギリさんが)自分で監督された話をちょっと聞いて、昔から興味はあったんで、そこに何ていうか、いいきっかけをもらったのかなっていうのはなんとなく思ってます。オダギリさん:僕は本当に夢というか、ちょっとまだまだ現実的ではないですけど、農業をやりたいです。窪塚さん:俺もです、それ。オダギリさん:やっぱり人間として、土とか自然みたいなものから離れない方がいいなという気しちゃいますね。オダギリジョー1976年2月16日生まれ、岡山県出身。アメリカと日本でメソッド演技法を学び、2003年に第56回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された「アカルイミライ」で映画初主演を果たす。2004年には「血と骨」で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞し、その後ブルーリボン賞をはじめ、国内外の数々の賞を獲得する。今年の映画出演作に「名も無い日」「アジアの天使」「花束みたいな恋をした」「茜色に焼かれる」。TVドラマにNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。俳優業の傍ら監督業にも進出し、初の長編監督作である『ある船頭の話』(19)は、その年の唯一の日本映画として、ヴェネツィア国際映画祭に出品。今年は NHK ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」(全3話)で脚本・演出・出演・編集を手がける。主人公(池松壮亮)のバディ、警察‟犬“のオリバーを演じ話題となる。待機作に『大怪獣のあとしまつ』(監督:三木聡、2022年2月4日公開予定)、『サタデー・フィクション』(監督:ロウ・イエ)がある。 窪塚洋介 Kubozuka Yosuke1979年5月7日生まれ。神奈川県横須賀市出身。1995年に俳優デビューし、映画を中心に舞台でも活躍。2017年にマーティン・スコセッシ監督作 『 Silence ー沈黙ー』でハリウッドデビューを果たし、海外にも積極的に進出。Netflixにて『GIRI/HAJI』、 Amazon Audibleで『アレク氏2120』が 好評配信中。2021年は『ファーストラヴ』など、出演作の公開が続いており、主演を務めた『全員切腹』、LINE VISION『上下関係』が絶賛公開中。また、レゲエDeeJayの卍LINEとして音楽活動を行う一方で、モデル、執筆と多彩な才能を発揮。カラダにいい、ココロにいい、ホシにいい。をテーマにした 自身の番組『今をよくするTV』をYouTubeにて配信中。

■株式会社WinTicketについて社名:株式会社WinTicketHP:https://www.winticket.co.jp/所在地:東京都渋谷区宇田川町40番1号

タグ: 映画ai人工知能をナレーションした人