Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

記事 実は盲点、AIの二酸化炭素排出量を削減する方法は?:性能と環境負荷削減を両立(1/2 ページ)

実は盲点、AIの二酸化炭素排出量を削減する方法は?:性能と環境負荷削減を両立(1/2 ページ)

実は盲点、AIの二酸化炭素排出量を削減する方法は?:性能と環境負荷削減を両立(1/2 ページ)
491
630
700
369

<2021年10月31日〜11月12日に英国のグラスゴーで開催された「COP26(国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議)」の終了後、民間企業と政府は一様に、気候変動対策の公約を強化し、公共政策と革新的な技術を組み合わせることで、この時代に特徴的な課題の1つに対処しようとしている。

2)を生成する。これは、平均的な自動車の生涯排出量のほぼ6倍である。

2排出量の削減は、まず問題の範囲を理解することによってのみ可能となる。幸いにも、地球の健全性を犠牲にすることなくAIイノベーションを実現するために、技術業界のリーダーが講じることができる手段はある。ハードウェアやモデルの複雑さの見直しから、トレーニングと推論の両方の段階で必要な処理の削減まで、環境に優しいAIイノベーションの実現に向けた対策には、以下のようなものがある。

電力を大量消費するモデルの排除

2排出量は、業界が対策を講じない限り、指数関数的に増加すると予想される。

2排出量を測定して追跡できるようになったことは、望ましい方向への一歩だが、業界全体で実施すべきことは他にもたくさんある。幸いなことに、すぐに実施できる対策がいくつかある。

よりスマートな電力効率の向上

実は盲点、AIの二酸化炭素排出量を削減する方法は?:性能と環境負荷削減を両立(1/2 ページ)

タグ: 人工知能とは何ですかaiはどのように機能しますか