Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

ブログ 〈VC出資あり〉国内屈指の獣害対策の専門家である大学准教授が挑む野生動物との共存。年間約158億円にものぼる鳥獣被害の解決を目指すソーシャルベンチャー「うぃるこ」

〈VC出資あり〉国内屈指の獣害対策の専門家である大学准教授が挑む野生動物との共存。年間約158億円にものぼる鳥獣被害の解決を目指すソーシャルベンチャー「うぃるこ」

〈VC出資あり〉国内屈指の獣害対策の専門家である大学准教授が挑む野生動物との共存。年間約158億円にものぼる鳥獣被害の解決を目指すソーシャルベンチャー「うぃるこ」
491
630
700
369

プロジェクト概要

弊社は、「野生動物と人との共存」を目指す、鳥獣害専門のコンサルティングファームです。全国における鳥獣害の被害総額は年間約158億円(出典:農林水産省)にものぼり、一次産業や社会インフラにまで大きく影響を及ぼしています。

そこで弊社は、これまでに培ってきた生態学・狩猟学の知識と経験をもとに、各地域に合った鳥獣害対策を立案し、行政担当者や農家の方と一緒に被害の削減に取り組んでいます。具体的には、農作物被害の防除、野生動物の個体数管理、環境整備などの対策です。

〈VC出資あり〉国内屈指の獣害対策の専門家である大学准教授が挑む野生動物との共存。年間約158億円にものぼる鳥獣被害の解決を目指すソーシャルベンチャー「うぃるこ」

弊社の強みは、対応できる動物の範囲がほぼ全種に亘り、難易度が高い鳥害にも対応できる技術を有していることにあります。また、その効果を被害額などの数値に置き換えて把握することができる「ソーシャルインパクトレポート」を発行できるのも弊社の特徴です。このレポートをもとにPDCAサイクルを回し、確実に鳥獣害を減らすことを目指しています。

また、弊社はドローン等を使った鳥害被害の削減や、ICT技術を用いた罠の管理などにも事業の幅を広げています。さらに今後は、日本各地に弊社の研修を受けた「パートナー」をつくり、その地域の農村の方が困ったときに相談できる「町医者」のような存在をつくっていきたいと考えています。

弊社が目指す世界は、「野生動物(Wildlife)と人との共存(co-existence)」です。農家の方の被害や、動物たちの無駄な死を減らしたいと弊社は考えています。人間と動物の両者にとって最善の環境を創り出し、持続可能な地域づくりに貢献していくことを目指します。

▲クリックすると、動画をご覧いただけます。

タグ: ドローンシステムは武器と見なされますか?