Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

ブログ 堤幸彦監督から見た“嵐”の魅力「五人五様の表現者であり、集まると強力なエンターテイナーになる」<Interview>

堤幸彦監督から見た“嵐”の魅力「五人五様の表現者であり、集まると強力なエンターテイナーになる」<Interview>

堤幸彦監督から見た“嵐”の魅力「五人五様の表現者であり、集まると強力なエンターテイナーになる」<Interview>
491
630
700
369

堤幸彦監督が取材に応じた

「五人五様の表現者であり、かつ5人で集まると強力なエンターテイナーになる」――日本を代表するヒットメーカーの1人である堤幸彦監督をしてそういわしめる国民的アイドルグループ・嵐。そんな嵐にとって初のライブフィルム「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」が、11月3日(水)よりドルビーシネマ限定で公開中、11月26日(金)には全国公開される。【写真を見る】嵐5人がステージに立つ姿も…ポスタービジュアル■1日限りの特別なライブを収録2018年11月から2019年12月までの1年間にわたり、計50公演、1ツアーとして日本史上最大の累計237万5000人を動員した嵐の20周年ツアー。そのツアーの中で、50公演に加える形で2019年12月23日、映画を撮影するために1日限りの特別なライブが行われた。メガホンを取ったのは、嵐主演の「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」(2002年)も手掛けた堤監督。嵐の活動を長く見てきた堤監督だからこそ作り得た作品と言える。■堤監督が語る5人の個性や魅力ドルビーシネマでの先行公開を目前に控えた堤監督にインタビューを行い、今作ができるまでの経緯やカメラ125台を駆使して行われた撮影秘話、長年の付き合いがある堤監督だからこそ感じた嵐の5人それぞれの個性や魅力を聞いた。また、配信、映画、TVドラマとさまざまなフィールドで活躍し続ける堤監督自身の制作における“原動力”についても語ってもらった。――この作品を制作するようになった経緯から教えてください。お話を頂いたのは2018年だったと思います。僕も20代の頃からいろんなアーティストのライブ収録をしていて、特にジャニーズさんには数多くのチャンスをもらってきました。ライブでは会場の制約やルールがあって、なかなか思うように撮れず、究極のかっこいい作品を作るというのが難しいんですけど、今回は話し合いの結果「撮影のためにライブを1日やろう」ということで始まりました。だったので「それなら」と(笑)。それで最初に思い浮かんだのが“5×20(ファイブ・バイ・トゥエンティー)”ということで「100」という数字。「カメラ100台で撮りましょう!」と提案しました。ダメならダメでいいと思っていたんですが、結果、それ以上の台数で125台になりました(笑)。――撮影のためにライブを行う。この大前提があることで、これまでのライブ収録とは全く違うことができますよね。そうなんです。ジャニーズさんの舞台では(撮影スタッフが)ステージに上がらないという暗黙のルールがありまして、お客さんと被写体の間にカメラを入れて邪魔をしないというのももちろん常識的なルールになっているんですが、「いままでにない形で撮影出来ないか?」と提案をさせてもらい、かつ、まだ東京ドームでのライブ収録で使ったことのないドローンを縦横無尽に使うことも含めて話し合いました。――いつもは出来ないことに挑戦されたんですね。嵐の主演映画を撮っていた、普段は映画を撮ってるカメラマンにもたくさん集まってもらったので、その日は他の映画やドラマの撮影が止まってしまうような状況だったと思います。皆さん、一兵卒として参戦していただいたんですが壮観でしたね。例えば映画の現場でエキストラを含めて大勢の人がいる瞬間もありますが、撮影する側がギラギラと大勢でカメラを構えているのは初めて見ましたし、一生に一度しかないと思います。積年の思いの丈を遂げることができたので、本当にやっていて楽しかったです。――ちなみに、今回125台のカメラを使用されたということですが、東京ドームでのライブシューティングだと通常は何台ぐらいのカメラを使いますか?多くて4、50台ではないでしょうか。それぐらいあれば相当立派な映像作品ができます。――その3倍のカメラを使って、やりたかったことが実現できたわけですね。はい。撮影自体は楽しかったんですけど、その代わり、編集は時間がかかって地獄のように大変でした(笑)。でも、2020年に入って新型コロナウイルスの影響でステイホーム時期に突入して、他の作品の撮影がストップしてしまったので、編集室に足しげく通って1カットずつ確認しながら時間をかけて作ることができました。自分の会社の部下も含めて、3~4人のディレクターが曲の担当を決めてつないでいく。それを何度も何度もやって、その上で125台のカメラに映っている映像と作ったものを見比べながら、「ここはこうしよう」とか、パズルを作り直すようなことを延々とやった結果が今回の作品なんです。――ライブ自体の演出は松本潤さんが担当されていますが、この映像作品を作るにあたって松本さんと打ち合わせは?何度もしました。1年半以上ライブを見せてもらいながら、「この曲では何を一番訴えたいのか」などを教えてもらい、かつ話し合いながら、こちらも撮影の手法を考えていきました。僕も舞台の演出をやる端くれですが、“演出家・松本潤”はそういう立場から見てもえらく細かくて“志の高い”演出をします。「ここまでやるか!」というぐらい微に入り細に入りを徹底しているんです。自身もステージで歌うわけですが、振り付けの方に自分のポジションに入ってもらって、自分は2階席の一番前の全体を見られる位置から指示を出したりして、全体のバランスも見ていました。東京ドームって平面じゃなくて立体ですからね。それもちゃんと頭にあって計算しているんです。それでいて、今度は演者としてステージに立つと、「あいつ、振りを間違えないんだよね」って櫻井翔くんが言ってたんですが、それぐらい表現者としても素晴らしいんです。そういう意味で、すごい演出家だなって。――意志とレベルの高さがうかがえますね。松本くんが14歳の時、まだ嵐になる前だけどドラマ「ぼくらの勇気 未満都市」(1997年、日本テレビ系)に出てもらっていて、2002年に映画「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」で嵐5人と会い、その後の大活躍を見てきているので、5人ともそうなんですけど「あいつら、立派になったなぁ」って親戚のおじさん的な思いもあります(笑)。プロ同士の会話もありつつ、甥っ子たちが立派になったんだから恥をかかせられない。うまく撮ってあげたい!っていうプライベート感みたいな特別な感情もあって、非常にいろんな思いが錯綜していたのは確かです。――堤監督から見た5人の個性、魅力は?今回のライブでニノ(二宮和也)のシャウトの力ってすごいなと思いました。鬼気迫るものがあったんです。普段は温和な感じですし、ドラマや映画でもそういうキャラクターを演じることが多いのですが、ライブのステージでの姿はまた違うものがあるなって。歌いながら独特の切なさがありますね。大野(智)くんは、もちろん歌も上手なんですが、踊りのキレがいい。アーティストという領域に入ると突然豹変したかのようになって、キレのいいダンスを含めて、素晴らしい表現を見せてくれます。たった1人でも東京ドームを相手にできるスゴさがありますね。相葉(雅紀)くんはクールな役を演じていても人となりがにじみ出てますよね。それがいいんです。背が高くて、“かっこいい”という言葉がピッタリくるというか、今回撮らせてもらって改めて思いました。翔くんはラップがすごいし、ピアノがこれまたすごい!

最終更新:WEBザテレビジョン

堤幸彦監督から見た“嵐”の魅力「五人五様の表現者であり、集まると強力なエンターテイナーになる」<Interview>

タグ: ドローンとはどういう意味ですか