Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

ソフトバンク、サステナビリティボンドを初発行 HAPS事業推進とSDGs貢献へ

ソフトバンク、サステナビリティボンドを初発行 HAPS事業推進とSDGs貢献へ

ソフトバンク、サステナビリティボンドを初発行 HAPS事業推進とSDGs貢献へ
491
630
700
369

ソフトバンクは、成層圏から広域エリアに安定した通信ネットワークを提供する成層圏通信プラットフォーム(High Altitude Platform Station、以下、HAPS)事業に資金使途を限定したサステナビリティボンド(無担保普通社債、以下、HAPSボンド)を、2021年度中に発行すると発表した。

HAPSモバイルが開発した無人航空機「Sunglider(サングライダー)」

調達した資金は、HAPSに関わる設備投資や研究開発、事業運営などに充当する予定だという。なお、ソフトバンクがサステナビリティボンドを発行するのは、今回が初めてとのことだ。

ソフトバンクは、持続可能な社会づくりに貢献するためのコンセプト「すべてのモノ、情報、心がつながる世の中を」の下、5G(第5世代移動通信システム)やIoT、AI(人工知能)などのテクノロジーと強固な事業基盤を活用して、社会・環境問題の解決に貢献するとともに企業価値を向上させることを目指しているという。

そのためにソフトバンクおよび子会社が注力すべき六つの重要課題(マテリアリティ)を特定し、SDGsの達成に向けた取り組みに力を入れているとのことだ。

ソフトバンク、サステナビリティボンドを初発行 HAPS事業推進とSDGs貢献へ

ソフトバンクは、六つのマテリアリティのうち「質の高い社会ネットワークの構築」と「人・情報をつなぎ新しい感動を創出」への対応として、安定した通信ネットワークの整備を通じて、全ての人が平等に必要なサービスを利用し情報を得られる環境の構築を目標としている。

同取り組みは、SDGsの目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」と目標10「人や国の不平等をなくそう」を推進するもので、その推進に重要な役割を担うのがHAPS事業とのことだ。

HAPSは、成層圏に飛行させた航空機などの無人機体を通信基地局のように運用することで、山岳部や離島、発展途上国など、通信ネットワークが整っていない場所や地域に、安定したインターネット接続環境を構築することができるという。

専用のアンテナなどは不要で、既存のスマートフォンなどの端末でLTEや5Gを利用することが可能になるとしている。

タグ: すべての無人軍事ドライブ