Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

ブログ PC「GetsuFumaDen: Undying Moon」早期アクセス版レビュー

PC「GetsuFumaDen: Undying Moon」早期アクセス版レビュー

PC「GetsuFumaDen: Undying Moon」早期アクセス版レビュー
491
630
700
369

「月風魔伝」から34年、月氏一族の戦いを新たなビジュアルで描くローグライクアクション

【「GetsuFumaDen: Undying Moon(月風魔伝)」ティザートレーラー】浮世絵を思わせる独特のグラフィックス表現が目を惹くアクションゲームだ

「月風魔伝」から34年、遊ぶたびにステージの形が変わるアクションゲームとして復活

1987年7月7日に発売されたFC用ソフト「月風魔伝」。和風なテイストは当時からのものだ。PC向け早期アクセス版にはエムツーが移植したFC版「月風魔伝」のコードが付属する

月氏27代当主の月風魔と侍女。封印が解かれた地獄に挑んでいく

3Dで表現された浮世絵風の世界。ステージごとにその雰囲気は変わるプレーヤーの視界を遮る霞がかかったステージ

ボスの登場シーンは必見!何度も挑んで攻略のコツを掴んでいくハードなアクションが展開

拠点となる月氏の館では、2つの主武器が手に入る。以降の装備は現地調達となる簡単なチュートリアルはあるが、その感触は繰り返しプレイして身に付けていくのだステージ内を行き来できる鳥居。探索時の移動に便利だ

宝箱からは武器の他、月風魔を強化する素材や買い物に使うお金が手に入る

PC「GetsuFumaDen: Undying Moon」早期アクセス版レビュー

最初のボスとして登場する龍骨鬼。2本の腕を先に倒さなければならないボスを倒すと次のステージの鳥居が解放される

月風魔のダメージは赤い数字にて表示される。回復手段が少ないので、最低限のダメージとなるように立ち回りたい

最初の強敵になると思われる鬼。金棒の判定は大きく、大ダメージを受ける可能性も周囲に妖気を発する敵。倒すと視界が開ける画面奥の龍が誘導弾を撃ってくるステージ。引きつけて回避しなければならない

武器はステージ内でも手に入り、種類や攻撃力などによって入れ替えていく攻撃時に出る文字のエフェクトは主武器の力が発揮されたときを表す。「崩」は敵の体勢を崩した状態だ体勢を崩した敵に対し追い打ちをかけると「殺」となり、周囲の敵にもダメージを与えて倒す

敵を遠距離から倒すのに効果的な副装備の弓。ボス戦などでも役に立つ

魂を取るとエフェクトが表示され、画面下中央の吸魂カウンターが増える。これは2個持っている状態ボスを倒すと4個の魂が手に入る。どう分配して使うかはプレーヤー次第だ。なお吸魂の効果は、月氏の館に戻ると失われてしまう

やり込むことで自分の腕が上がっていくことを実感できるゲームバランスが魅力

難易度は月氏の館で選べるが、最初は最も低い「凡人」しか選択できないゲームプレイ時に入手した素材は、ステージで死んでしまっても一部持ち帰ることができる新しい武器がアンロックされる「武器鋳造」や、パッシブスキルを開放できる「鍛錬」などにより、素材を使って月風魔の力を底上げできる

<34年前に発売された「月風魔伝」を知っていても知らなくても、本作の独特なグラフィックス表現とハードなアクションはぜひ体験してみていただきたいもの。発売後に新キャラクターの追加もアナウンスされているので、それも含めて、新たな「月風魔伝」の世界を味わってみてほしい。

繰り返しプレイすることで攻略法を理解できる絶妙なゲームバランスが素晴らしい

©Konami Digital Entertainment

タグ: 好奇心が強いのはドローンなのか宇宙探査機なのか