Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

ブログ 〈経済産業大臣の特別認可取得〉20分程度の飛行時間を2時間に!?クリーンエネルギー“水素燃料電池”で空の産業革命を目指すドローンベンチャー「ロボデックス」

〈経済産業大臣の特別認可取得〉20分程度の飛行時間を2時間に!?クリーンエネルギー“水素燃料電池”で空の産業革命を目指すドローンベンチャー「ロボデックス」

〈経済産業大臣の特別認可取得〉20分程度の飛行時間を2時間に!?クリーンエネルギー“水素燃料電池”で空の産業革命を目指すドローンベンチャー「ロボデックス」
491
630
700
369

プロジェクト概要

弊社は、福島県南相馬市に開発拠点を置き、ドローンの社会実装を目指すベンチャー企業です。

ドローンは新たな社会貢献のツールとして期待されているものの、法整備や燃料技術等の問題から、思うように普及していません。そうした業界において、代表の貝應はドローン誕生から間もなく法人格を取得してその普及に努めてきました。そこで課題視したのがドローンの飛行時間です。

〈経済産業大臣の特別認可取得〉20分程度の飛行時間を2時間に!?クリーンエネルギー“水素燃料電池”で空の産業革命を目指すドローンベンチャー「ロボデックス」

現状は、「ホビー」としての活用であれば約20分程度の飛行時間で十分なものの、物流やインフラ点検など「産業用」として飛ばすには到底不十分でした。

そこで弊社は、クリーンエネルギーとしても注目される「水素燃料電池」をドローン向けに小型化して搭載することで長時間飛行を可能にすべく、英大手燃料電池メーカーをパートナーにその開発に携わりました。

さらに、水素貯蔵用の高圧ガスタンクをドローンに装着して飛行させるべく、国内大手高圧タンクメーカーとともに、経済産業大臣の特別認可(以下、大臣特認)の申請を進めておりましたが、今年10月に取得するに至りました。

これを機に、今後は通信大手の研究所と連携して飛行実験を行っていく計画で、まずは物流業界に、さらに、インフラ点検や災害時への活用などドローンの産業化を目指します。

▲クリックすると、動画をご覧いただけます。

タグ: ドローンのバッテリーはいつ交換する必要がありますか