Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

ブログ JAcom 【対談】八木岡努JA茨城県中央会会長×谷口信和東京大学名誉教授 「ニーズの変化見誤るな」2021年12月8日

JAcom 【対談】八木岡努JA茨城県中央会会長×谷口信和東京大学名誉教授 「ニーズの変化見誤るな」2021年12月8日

 JAcom 【対談】八木岡努JA茨城県中央会会長×谷口信和東京大学名誉教授 「ニーズの変化見誤るな」2021年12月8日
491
630
700
369

八木岡

谷口

食生活は大きく変化

谷口

そこに2001年のBSE問題の発生で牛肉消費がパタッと止まりました。ところが牛肉に代わって豚、さらに鳥肉へと変化しながら2013年頃から食肉消費が一気に増えています。人口が減ってきても世の中はやはり牛肉を食べたいという欲求が高まっているし、それが統計にも現れています。単なる人口統計などより、きちんと実情を見ることが大事です。

八木岡

谷口

街の中で起きている現実をよく見て、どういったものが好まれているかの研究を、技術面、生産面、流通面それぞれがきちんとすべきだと思います。

八木岡

米粉利用も多彩に

谷口

ところが芋はずっと需要が減ってきたかといえばそうでなく、ポテトの需要は高まってきていて、和食にも洋食にも使われています。コンビニにはポテト菓子が山ほどある。しかし、サツマイモの菓子は減っている。サツマイモを使った洋食や菓子をもう少し真剣に研究すべきではないでしょうか?

八木岡

谷口

日本食ならとんかつに合う日本酒を研究していけばいいのではないでしょうか。このように需要をきちんと作り出していくべきなんです。

また、こういったことが起きる根本原因には日本人の生食嗜好、加工食品軽視の文化があると思っています。例えばブドウも生で食べるものであって、ワインにして飲むといった考えに至らなかった。どうみても欧州のブドウの価値は生食よりもワインの方が上です。

八木岡

谷口

ただ、ここに来て格差が広がり、賃金が上がらないので食べ物にお金をかけることができないという事態になってきている部分も見られます。賃金を上げて国内で経済を回していく政策にすることがより大事になってきました。自給率を上げるということは、他方で賃金を上げて国民の健康福祉を高めていく方向にしていかなければだめなんです。

賃上げと自給率向上は両輪で考えるべきで、気候変動対応のためだけで高い価格の有機野菜を買ってもらえないですよね。おいしくて、安心できて、且つ地球温暖化対策のためにという状況をきちんとセットする必要があるのです。いきなり有機農業25%、CO2やメタン削減の話をされても生産者は誰も動かないと思います。

 JAcom 【対談】八木岡努JA茨城県中央会会長×谷口信和東京大学名誉教授 「ニーズの変化見誤るな」2021年12月8日

みどり戦略待ったなし

八木岡

日本の農業従事者の8割が60歳以上です。今後は若手2割で現在の生産量を維持していく必要があります。高効率な農業と合わせて、農業にとって脅威となっている気候変動問題に対処していくために、地球温暖化への対応も必須となっています。JAグループ茨城として持続可能で高付加価値な農業を実現していかなければなりません。その施策として農水省は『みどりの食料システム戦略』を発表しました。

内容的にはどこから手を付けて、どう計画を具体化していけばいいのかと悩み始めています。

谷口

八木岡

谷口

病害虫への対策などもできている上で農薬使用量を減らす議論になるのに、いきなり減らせと言われても誰もついていけない。時代に合わせた現実的で合理的な技術を持って、それをどう発展させていくかというプロセスが必要なんです。今回の戦略は、いきなりという感覚を多くの人が強く感じてしまっているのではないでしょうか。

農家目線を第一に

八木岡

谷口

ある研究者の報告によると、米国から飼料用トウモロコシを輸入した場合と国産の場合を比較すると国産の方がCO2排出量は10%ほど少ないのです。生産の段階では米国の方が大規模で、遺伝子組み換えトウモロコシを使用していることから農薬や化学肥料の投入量が少ないため、CO2排出量は国産よりかなり少ないのですが、何と言っても太平洋を船舶で渡ってくる間の排出量が大きいため、国産の方が排出量は少ない結果になっています。

これは多くの輸入食料や農産物にも当てはまりますので、日本の農業と食料にとっては自給率向上が温暖化対策の最重要な武器となります。その上で化学肥料と農薬の使用量を少しずつ減らすということが重要だということになります。

八木岡

谷口

もう一つは高齢者で、これも同じ。デイサービスは週に1、2回で目的は誰かと話したい。そう考えると地域にとっての農協も同じ目的で機能する存在であるべきではないでしょうか。この人は組合員、准組合員でお金を払ってもらえる人と考えるのは間違いです。もっと広い視野で地域を支えているのは農協だというくらいに考えるべきです。

JAの役割を再定義

八木岡

谷口

八木岡

タグ: ドローンシステムは武器と見なされますか?