Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

ブログ <ガンバ大阪・定期便25>石川慧の戦いと、痛恨のミス。

<ガンバ大阪・定期便25>石川慧の戦いと、痛恨のミス。

<ガンバ大阪・定期便25>石川慧の戦いと、痛恨のミス。
491
630
700
369

「ガンバの守護神はヒガシさん(東口順昭)だというのは僕の中で変わらない思いです。(ガンバの)このポジョションはヒガシさんのもの。だからこそ今日、試合に出た僕がなんとか踏ん張って結果を出せればよかったんですけど…そうですね、今日はとにかく結果を出すことだけを考えていました」

「新潟出身で高校まで新潟で過ごした僕にとって、ヒガシさんはずっと僕のヒーローでした。アルビレックス新潟の守護神として活躍している姿をずっと見てきました。こうしてガンバでチームメイトになってからも…まさか同じチームでプレーできる日が来るなんて思ってもみなかったんですけど、パフォーマンスはもちろんのこと、日々のサッカーへの取り組み、GKとしての振る舞い、戦いを目の当たりにして改めてすごいGKだと思ったし、ましてやこのガンバにいくつものタイトルをもたらした人ですからね。僕がたかだか1試合、開幕戦のピッチを預かったからといって、ヒガシさんへのリスペクトが変わるはずはなく、ましてや、結果的にあの試合に勝てなかった、力になれなかった自分を見た時に、本当にまだまだだと思い知らされたし、改めてヒガシさんがこのチームで残してきたもののすごさを思い知りました。もちろん、同じポジションを争う一人として、プロサッカー選手として、自分も常に試合に出たいと思って準備してきたことに嘘はないです。ただ、そのためには、まず自分が巧くなること、成長することが大前提なので、とにかくその一心で、ヒガシさんのようにチームを助けられるGKになろうと日々の練習に向き合ってきました。ガンバのGK陣にはヒガシさん以外にも純くん(一森)、大智(加藤)と本当に素晴らしい選手が揃っていて、本当に彼らからいろんなことを学んでいますし、素晴らしい教科書が目の前にたくさんある環境は刺激しかないです。自分のキャリアを考えれば、今、このガンバでプレーしているのもある意味夢のような話で、この歳までプレーできるなんて想像していなかったんですけど、でもせっかくガンバに加入することができましたから。素晴らしい選手と一緒にトレーニングができている時間を寸分たりとも無駄にしたくないという思いで、細かなプレーの1つ1つを伸ばそう、周りの選手から盗んで自分のものにしようと、この2年間を過ごしてきました。それによってガンバのために仕事ができる選手になること、ヒガシさんに少しでもいいから日々近づいていくことが、自分が今するべきことだという思いから、あの試合後の言葉につながりました」

「浦和戦でようやく1つ勝てて、まだまだチーム、個人として積み上げなければいけないところはたくさんありますけど、チームがよりいい方向に進んでいくために、勝利は大きなきっかけになると考えても大事な勝利だったと思っています。ただ自分のパフォーマンスについてはまだまだ足りないと思っています。今は正直、試合をしていても、思い通りにいかないことの方が多く、試合を見返しても『こういうプレーができればよかったな』と思うことばかりです。でもだからこそ、それをしっかり自分に向けて前の試合より、次の試合は少しでもいいプレーができるように、チームの力になれるように、反省と修正と改善の3つをセットに日々を過ごしています。また、プロ12年目にして初めてJ1リーグにコンスタントに出場している中で…まだ2試合ですけど、公式戦だから気づけたこともたくさんあって、これまでの紅白戦とか練習試合では全く感じられなかった感覚を得られている部分もたくさんあります。今はそれを全て自分の力にしながら、もっともっと成長したいし、もっともっとガンバの勝利のために仕事ができるGKになっていきたいと思っています」

「1つ言えるのは、僕がもう若くないということです(笑)。だからチームメイトやライバルへの嫉妬心みたいなものも全くないというか。ただただ、素直に仲間の一人一人をサッカー選手としてリスペクトしいるし、彼らの戦いもそばで見ているからこそ、ああ努力が実ってよかったな、結果につながってよかったなって思います。この歳になったら、自分が愚痴をこぼすことより、若い選手の話を聞いて、そうだよなって共感してあげる方がチームにとってプラスに働くこということも重々理解していますしね。だから控えに回った時は、全力でチームメイトを支えるし、応援するし、それによって、みんなが受けているプレッシャーを少しでも緩和できたらいいなって思うし、それが控えGKの役割でもあると思う。もちろんそのことと、自分が成長しなきゃいけない、試合に出たい、という気持ちは別物なので、必死に練習もするし、トレーニングにも向き合うんですけど、でも、年齢を重ねたからこそできることもあるはずだし、それが結果的に、ガンバの勝利に繋がったら嬉しいなと…去年はずっとそういう気持ちでした」

<ガンバ大阪・定期便25>石川慧の戦いと、痛恨のミス。

「川崎戦は当然、難しい試合になると思っています。昨年の王者を倒すことができれば自信になることは間違いないですが、浦和戦で勝てたから次も、というほど簡単な試合にはならないと覚悟しています。ただ、僕自身がしっかりと決定機を防いで、浦和戦同様にDF陣とも協力してなんとか0の時間を長く、失点しない時間を増やすことが自分たちのリズム、ペースに持っていけたら勝機は絶対にあるし、そのために自分もいろんなことを研ぎ澄ませてピッチに立たなければいけないと思っています。GKは良くも悪くも結果でしか判断されないポジション。止められたか、決められてしまったか、が全てだと思っているし、ガンバのゴールマウスを守っている限り、そこにこだわらなければ応援してくれるファン・サポーターの皆さんが納得しないということもわかっています。浦和戦に勝利したことで開幕から自分にかけていたプレッシャーみたいなものは少しだけ減った分、より自分にフォーカスして準備ができているので、それを川崎戦でしっかり示したいと思っています」

<2-2。勝利を目前にしながら起きた痛恨のミスに、試合を終えても石川は頭を抱えて立ち上がれない。彼の気持ちを慮るように川崎のレアンドロ・ダミアンが駆け寄り、チームメイトは肩を抱き、サポーターは拍手で迎え入れた。

「ミスは誰にでもある。僕だって今日、失点に繋がらなかっただけでミスはしていましたしね。ミスをしたら他のプレーで取り返せばいいだけ。幸い、ピッチには11人もいるし、そもそも誰かのミスを誰かが取り返せるのもサッカーの面白さだと思う。後ろが取られたら前が取ればいいし、前が取れなかった時は、後ろに守ってもらう。それだけ。だからヒガシくんのミスも全く気にならなかった。むしろあそこがGKにとっての死角だと聞いて、なるほど、と思ったくらいです(宇佐美)」

もちろん、石川の今回のミスを美談にするつもりはない。彼がどれだけの思いをもって日々の練習に向き合い、この試合に向けて準備をしてきたのかを耳にしていたからこそ、彼自身がそれを望まないと想像するからだ。東口が過去に同じミスをしたという事実はなんのエクスキューズにもならないはずだし、プロサッカー選手として戦う彼らにとって『結果』が時に人生を左右するほど大事なものだということも重々承知している。

タグ: 無人航空機とは何ですか