Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

ブログ イノベーションを加速に向けた四つのソリューション 元内閣府副大臣・平将明衆議院議員にインタビュー

イノベーションを加速に向けた四つのソリューション 元内閣府副大臣・平将明衆議院議員にインタビュー

イノベーションを加速に向けた四つのソリューション 元内閣府副大臣・平将明衆議院議員にインタビュー
491
630
700
369

大陸法のハンデを背負う日本

――日本のイノベーションについて、現状認識を

(参考:https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/wg/kaikaku/dai3/siryou9.pdf)。

――大陸法国家である日本で、イノベーションがぶつかっていることとは

第1のソシューション:国家戦略特区の活用

――考えられるソリューションは

――国家戦略特区で現状打破を図ろうとする考えですね

第2のソリューション:アカデミアとローメーカーとの緊密な連携

イノベーションを加速に向けた四つのソリューション 元内閣府副大臣・平将明衆議院議員にインタビュー

第3のソリューション:「立法事実」問題の解消

――展望を立法の根拠として認めるという話ですね

第4のソリューション:首相のフルコミット

――今のままでは大変という話がありました

既得権と戦わざるをえないので大変なのです。政策立案をしてから何かに取り組もうと思うと、始めるまでにだいたい2年かかります。まずは自民党内を通さなければいけない。ここで問われるのが通す力です。政治家の評価として、政策立案ができるとか、切れ味がいいとかありますが、本当の専門性は通す力だと思います。自民党で言うと政調審議会があって、その上に自民党の総務会があります。この二つを通さないと法律案はできない。

国家戦略特区の隠れた効果

――本当なら一律でひっくり返したいところです

DX感覚を持つトップであることが大事

――イノベーションを進める体制として望ましい体制とは

“アナログとデジタルのイスタンブール状態”で新たな価値を

――多様性のある社会モデルの重要性について

――アカデミアと政治家の関係性について

平 将明(たいら
高橋村山 繁

DroneTribune代表兼編集長。2016年8月に産経新聞社が運営するDroneTimesの副編集長を務め、取材、執筆、編集のほか、イベントの企画、講演、司会、オーガナイザーなどを手掛ける。産経新聞がDroneTimesを休止した2019年4月末の翌日である2019年5月1日(「令和」の初日)にドローン専門の新たな情報配信サイトDroneTribuneを創刊し代表兼編集長に就任した。現在、媒体運営、取材、執筆、編集を手掛けながら、企画提案、活字コミュニケーションコンサルティングなども請け負う。慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアム研究所員、あおもりドローン利活用推進会議顧問など兼務。元産経新聞社副編集長。青森県弘前市生まれ、埼玉県育ち。

いいね!と思ったらシェア!

タグ: ドローンとはどういう意味ですか