Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

ブログ 車両周辺データを集め分析する “つながるクルマ” が、自動運転車の実現を加速

車両周辺データを集め分析する “つながるクルマ” が、自動運転車の実現を加速

車両周辺データを集め分析する “つながるクルマ” が、自動運転車の実現を加速
491
630
700
369

日本の自動運転技術はレベル3に到達し、2020年4月からは、高速道路を中心に走行が可能な状況にまで進みました。自動運転車はさまざまな先端技術の集大成として研究開発が進められていますが、今後さらなる安心安全な走行に欠かせないのが通信技術です。特に5Gの特長である「超高速」「高信頼・低遅延」(リアルタイム)を活用することで、自動運転技術のレベル4やレベル5の実現が加速されることが期待されています。

自動運転の高度化に欠かせない通信の役割について、5Gを活用した車両間での通信実証実験を担当したソフトバンクの技術者に話を伺いました。

お話を聞いた人

ソフトバンク株式会社 技術戦略統括 先端技術開発本部三上 学(みかみ・まなぶ)

ソフトバンク株式会社 技術戦略統括 先端技術開発本部吉野 仁(よしの・ひとし)

安全安心走行のためのデータをセンサーで取得。自動運転技術の高度化に必要な新しい技術概念「CAV」

ソフトバンクは2017年から3年にわたり、5Gを使った車車間通信システムの開発と実証に取り組み、自動運転車の安全走行に必要な高信頼・低遅延車車間通信システムを国際標準化に先駆けて世界で初めて開発。また、高速道路での後続車自動運転トラック隊列走行の実証試験に成功しました。

車両周辺データを集め分析する “つながるクルマ” が、自動運転車の実現を加速

これらの実績は、自動運転技術の高度化に必要な新しい技術概念である「CAV(Connected Autonomous Vehicle:コネクテッド自動運転車)」の標準化を決めるうえで、非常に役立つと考えられているそうです。

CAVはどんな技術なのでしょうか? なぜ、CAVは自動運転に重要な要素なのでしょう

吉野「現在、自動車に実装されつつある通信を用いた技術の主流は、先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driver-Assistance Systems)といって、自動車の安心安全を支援するためのシステムです。自動運転技術に関しては、基本的に車体に設置したセンサーが収集した情報を使用するというものです。車両側のセンサーだけで周りの様子を判断するので、自動運転のレベル3の場合には十分なのですが、完全自動運転のレベル5を実現するとなると、車両の少し先の直接見えない状況や周囲の道路状況など、あらゆる情報が必要になるため、車載センサーだけで得られる情報では不十分なのです」

三上「例えば、物かげからの人の飛び出しや、前方で事故が発生した場合など、素早い検知が求められるような時に、見通し外の必要な情報も得られていれば、より安全な車両の走行につながるわけです。そこでCAV、つまり自動運転車がコネテッドすることにより、従来自車の車載センサーで取得していたセンサーデータに加えて、コネクテッドしている他の車両のセンサーデータ(拡張センサーデータ)を取得し、より完璧な自動運転ができるように高度な自動運転をサポートするための通信のあり方が求められるようになっています」

CAV(Connected Autonomous Vehicle)とは

コネクテッド機能(=常時通信機能)を備えた自動運転車のこと。完全自律走行する自動運転車の実現において欠かせない技術で、車両の状態や周囲の道路状況などさまざまなデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積・分析することで、さまざまな価値を生み出す「つながるクルマ」を指す。CAVは、完全自動運転を実現する未来の自動運転車を象徴すると考えられている。

実験ではどのような事を実証したのですか?

三上「高速走行中のトラック3台を5G通信で接続し、無線端末間の直接通信を行う技術を開発しました。基地局を経由せずに車両同士が5Gで直接通信するので、無線区間の転送遅延はわずか1/1,000秒。隊列走行する車両間で、後続トラックの自動操だ制御や自動車間距離制御に必要な情報を低遅延で伝送しました。同時に5Gの低遅延ブロードバンド伝送の特長を生かし、後続トラックのカメラの映像を先頭に転送する技術を開発しました。この技術によって走行中の後続車両周囲の状況が高精細な映像でリアルタイムに確認できることが可能となるわけです」

吉野「映像によって後続車の周囲の状況が先頭車のドライバーに詳しくわかるため、より安全な走行が可能になります。これは自車以外のセンサー情報を用いる『拡張センサー』の初期の実証試験となります。この技術と、車間距離保持および自動追尾に必要な情報を隊列車両間で高信頼かつ低遅延に共有する技術を用いて、実際に新東名高速道路を走行して、安全走行に有用であることを確認しました」

新東名高速道路でトラック3台の隊列走行を実施(左)。各車両に車載アンテナを搭載(右)

三上「自動運転は、そのレベルが上がるにつれて、各要素技術の技術レベルも高いものが求められるようになります。今回の実験では、コネクテッド機能を備えたトラックを用いて実際に公道を走行することで、CAVが自動運転車の安全走行をどう支援できるかを実証しました」

タグ: 自動運転車の別の用語は何ですか?