Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

ブログ いすゞの提携戦略ににじみ出る「強烈な危機感」 片山社長「今までの延長線では生き残れない」

いすゞの提携戦略ににじみ出る「強烈な危機感」 片山社長「今までの延長線では生き残れない」

いすゞの提携戦略ににじみ出る「強烈な危機感」 片山社長「今までの延長線では生き残れない」
491
630
700
369

自動車産業が根底から変わる

――スウェーデンのボルボ・グループと大型トラックの先進技術で提携し、さらに大型のFCV(燃料電池車)ではホンダと、そして今回、トヨタグループとの協業にも踏み切りました。

CASEで自動車産業が根底から変わる。電動化1つをとっても、それだけですごい破壊力だ。

しかも、カーボンニュートラルやDX(デジタルトランスフォーメーション)が同時進行して、社会そのものが大きく変貌する。当然、製造業のあり方も変わるだろう。そういう今まで経験したことのないものすごい変化に、いすゞという会社がどう対応していくのか、本当に対応できるのか。

いすゞはディーゼルエンジンで高度な技術を持っている。どこにも負けないエンジンを作ってきた自負があるし、その技術こそが誇りだった。しかし、今持っている技術や設備が負の遺産になる可能性だってある。

まず素直に新しい技術を受け入れていくことが必要で、今までの延長線で物事を考えていては到底生き残れない。そういう危機感、ものすごく強い危機感ですよ、根っこにあるのは。

いすゞ1社の力だけで生き残れるほど甘い時代じゃない。だから、必死になって、それぞれの事業領域ごとにパートナーを見つけてきた。支配・被支配の関係ではなく、あくまで対等な立場でという点にはこだわったが、とにかくスピードの競争だから、生き残る手段を格好つけてる余裕なんてない。

いすゞの提携戦略ににじみ出る「強烈な危機感」 片山社長「今までの延長線では生き残れない」

――トヨタを交えて、最大のライバルである日野とも組んだのは驚きでした。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「トラック CASE最前線」では以下の記事を配信しています。

日野といすゞ、「電動化時代」に手を組む必然

迫る物流危機、「つながる技術」に高まる期待

日野自トップに聞く「大変革期の競争と協調」

いすゞ社長が語る「CASE時代の強烈な危機感」

渡辺 清治さんの最新公開記事をメールで受け取る(著者フォロー)

タグ: 自動運転の私的輸送は本当に未来ですか?