Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

記事 複雑なブラックボックス型AIを判断基準が明確なAIに変換するAI単純化技術を開発

複雑なブラックボックス型AIを判断基準が明確なAIに変換するAI単純化技術を開発

複雑なブラックボックス型AIを判断基準が明確なAIに変換するAI単純化技術を開発
491
630
700
369

お客さまに寄り添った信頼できるAIの実現に貢献

株式会社 日立製作所

図1-1 AI単純化技術の概要

複雑なブラックボックス型AIを判断基準が明確なAIに変換するAI単純化技術を開発

図1-2 想定アプリケーション

図2 ブラックボックス型AI変換技術2. 信頼性向上のための単純さ調整技術図3 判断基準が明確なAI (調整前)の例A. 上記の技術1で説明したAIの入力データ領域を分割する際の境界値を、お客さまの知識に合わせて調整可能です。例えば、図3-Aに示すように「耐震基準が2000年に変更されたので、1998年ではなく2000年の前後で判断基準が替わるようにしたい」という調整が可能です。このように境界値をお客さまの知識と整合させることで、データが少ない領域での予測精度を向上させることができます。

図3-A 調整方法1 (お客さまの知識で境界値を調整)

B. お客さまは、各領域における予測式として、業務内容に合わせた式の形を指定可能です。お客さまが予測精度より予測式の単純さを優先する場合は、より単純な形の式を指定できます。図3-Bに示す例のように「予測式:y=築年数×0.5+土地の傾き×5+「木造なら+3」+「地域Aなら+2」+…が複雑であるため、変数を3つ以下にしたい」というような指定が可能です。

図3-B 調整方法2 (関数系を指定することで単純さを調整)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 日立製作所 >
  3. 複雑なブラックボックス型AIを判断基準が明確なAIに変換するAI単純化技術を開発

タグ: 人工知能の倫理を開発しています