Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

記事 残価設定型分割払いが導入された今年のiPhone 13販売時の“実質負担額”を解説

残価設定型分割払いが導入された今年のiPhone 13販売時の“実質負担額”を解説

 残価設定型分割払いが導入された今年のiPhone 13販売時の“実質負担額”を解説
491
630
700
369

 iPhone 13シリーズ4モデルが発表され、24日の発売を予定している。以前はドコモ/au/ソフトバンクの3大キャリアから購入するのが一般的だったが(今年から楽天モバイルも最新iPhoneを扱っている)、最近では契約に関係なく端末のみをApple StoreやECサイトで購入することも可能になっている。

 そこで本記事では、キャリアからのiPhone 13購入時にあらかじめ理解しておく必要がある“実質負担額”の仕組みについて紹介する。

機種代金は14万3000円なのに、実質負担金は7万7280円というのはなんぞや? と思った場合はしっかり調べたい

以前の「月々サポート」のような割引はもうない長期の分割払い、端末の下取りを前提に毎月の負担額を軽減

 今回久々にiPhoneを買い替えるという人も多いだろう。3年以上前までは、キャリアからiPhoneを購入すると、24ヵ月にわたって、毎月2000~3000円程度の料金の割引が発生していたが(「月々サポート」「月月割」など)、現在では端末販売と契約を分離するのが前提となっており、こうした割引は無くなっている。

iPhone XS/XR以前では、この表のように「月々サポート」といった割引があったが、こうした買い方はすでに無くなっている(分離プランの導入で基本プランの料金自体は安くなっている)

 一方で、iPhone 13の各モデルは最安のものでも8万円台後半。10万円以上のケースも多い端末代金を一括で購入するのはなかなか難しい。そこで分割払いや、2年程度利用したのちにそれまで使っていたiPhoneを返却することで、ユーザーの“実質負担額”を減らす工夫を各キャリアが用意している。ただ、iPhoneの返却、それはつまり下取りに出すことを意味しており、単純な割引ではない点に注意が必要だ。

 また、本記事の一番下の端末価格を比べてもわかるように、最も安価なのは基本的にApple StoreやECサイトで端末のみを購入する例(および楽天での購入)。自分でSIMを差し替えるし、プラン変更が必要でも自分で調べるし、手続きもする。すでにahamoやpovo、サブブランド、格安SIMに加入しているといった人はSIMフリー版の購入がオススメと言える(Apple Storeでも24回分割払いや旧機種の下取りは可能)。

Apple Storeで端末だけ購入してもペイディによる24回分割払いや古いiPhoneの下取りは可能

ドコモ「いつでもカエドキプログラム」は残価設定型早期にiPhoneを返却すれば特典も

 ここからはキャリアごとにプログラムの内容を見ていこう。まずは今年から残価設定型分割払いが導入されたドコモ「いつでもカエドキプログラム」から。

 この「いつでもカエドキプログラム」では、端末ごとにあらかじめ2年後の時点での残価額が設定されており、本体価格から残価額を差し引いた額を支払い1回目から23回目にわたり、23回分割で支払うこととなる(この部分が2年利用した場合の“実質負担額”)。

2年後の残価が設定されており、端末代金から残価を差し引いた分を23回分割で支払う。2年後に端末を返却した場合は残価の支払いは不要だ

 23回目の支払い後、つまり2年後の時点で端末をドコモに返却すれば、24回目に設定されている残価の支払いは不要となる。そのまま使い続けたい場合は、残価を24回分割で支払い続けることになる(一括支払いも可)。その途中で端末を返却した場合も、翌月以降の支払いはやはり不要だ。

2年経過後もそのまま使い続けたい場合は、残価が再度24回分割されて支払いを続ける。その途中で返却した場合も以降の支払いが不要になる

 残価設定型分割払いが導入された今年のiPhone 13販売時の“実質負担額”を解説

 また、「いつでもカエドキプログラム」の名前のとおりに、早期での返却も可能。早期返却時は、原則的には23ヵ月目までの支払いが必要だが(一括精算も可)、まだ端末が古くなっていない分、その価値も高いというわけで、「早期利用特典」として分割払いの金額が一定額割引される。

2年経過前の返却時は、基本的には23回目までの支払いは必要だが、「早期利用特典」として返却後の毎月の支払額が割引される

 ドコモのサイトには、総額10万5500円、残価4万4800円の機種の例が掲載されており、1~23回目までの支払いは月2500円、そのまま使い続けた場合の24~47回目は月2000円、23回目以前の返却時は「早期利用特典」の月600円が引かれて月1900円、2年利用時の“実質負担額”は10万5500円から4万8000円をマイナスして、5万7500円となる。

 なお、「いつでもカエドキプログラム」はドコモの契約なしでも利用可能(ドコモでの端末買い替えなどの条件はない)。また、プログラムを利用しなくてもOKなので、どこかで一括精算して、端末は自分で使い続ける/売却するという選択もできる。

au「スマホトクするボーナス」も基本は同じ残価設定型

 au「スマホトクするボーナス」も残価設定型分割払いで、24回目の残価があらかじめ決められていて、1~23回目を23回分割払いで支払うのはドコモと同様。2年後に端末を返却して24回目の支払いを不要にするか、残価を24回再分割にして使い続けるか(一括支払いも可)を選択できる点、再度の分割払いの途中で端末を返却すれば、残りの支払いが不要になるというのも同じである(auの回線契約の有無に関係なく利用できるのも同じ)。

au「スマホトクするボーナス」も2年後の残価が設定されており、端末代金と残価の差額を23回分割で支払うのは同じ

 ただし、ドコモ「いつでもカエドキプログラム」のような早期返却による+αのメリットは特に設定されていない。

ソフトバンク/楽天は48回分割払いで24回分支払い後の端末返却で最大24回分を免除

 つづいてソフトバンク「トクするサポート+」。こちらは昨年から内容は変わっていない。48回分割払いで24回分以上支払った後、端末を返却することで残債が免除される。つまり、“実質負担額”は端末代金の1/2となる。

ソフトバンクは48回払いで2年後以降の端末返却と買い替えで残債が免除される

 なお、25ヵ月目以降の残債がそのまま免除されるのは、ソフトバンクの対象機種に買い替えたうえで端末を返却した場合。端末だけを返却する場合は、一度残債を精算した上で、査定額がPayPayボーナスとして付与される形になっている。

 楽天モバイル「iPhoneアップグレードプログラム」も48回払いで、24回分支払い後の端末の返却で、最大24回分の支払いが不要になるのは同じ。ただし、支払い方法が「楽天カード」に限定されている点は注意が必要となる。

楽天も基本的には同じ。ただ、端末価格自体がApple Storeとほぼ同額と安くなっているのが大きい

キャリアで分割払いするなら入っても損はないプログラムただし「端末の下取り」が前提であることは理解しておきたい

 内容には細かな違いはあるが、基本的にはそれまで使っていたiPhoneを返却、つまり下取りに出すことを前提に“実質負担額”を小さくしているという点は同じ。「割引」とはそもそもまったく違う点は知っておきたい。ただ、プログラム加入自体は特に料金などは不要なので、キャリアからiPhoneを分割払いで購入するなら、とりあえず入っておいて損は無いと言える。

 とは言え、iPhoneは基本的にリセールバリューが高く、若干手間がかかるのと丁寧に使っていることが条件だが、専門店やフリマアプリなどで、より高額で処分することは不可能ではない。また、前述のようにApple Storeで端末だけを購入することもできる(キャリアで販売されるモデルも含めて、iPhone 13はすべてSIMロックがかかっていない)。あとはユーザーの判断次第ということになるだろう。

iPhone 13シリーズ、端末価格/実質負担額一覧

 実質負担額は、2年間利用後に端末を返却した場合、また楽天モバイルのMNP時は初回契約特典のポイント込みの場合で記載している。

(税込)iPhone 13の一括販売価格
128GB256GB512GB
SIMフリー9万8800円11万800円13万4800円
ドコモ11万1672円12万5136円16万4736円
au11万5020円12万8970円15万6995円
ソフトバンク11万5920円12万9600円15万7680円
楽天モバイル9万8800円11万800円13万4800円
(税込)iPhone 13の各キャリアの実質負担額
128GB256GB512GB
ドコモ新規/機種変5万6232円6万3096円8万4216円
MNP3万4232円4万1096円6万2216円
au新規5万1100円5万8690円7万3755円
MNP4万100円4万7690円6万2755円
機種変6万2100円6万9690円8万4755円
ソフトバンク5万7960円6万4800円7万8840円
楽天新規/機種変4万9392円5万5392円6万7392円
MNP2万9392円3万3592円4万7392円
(税込)iPhone 13 miniの一括販売価格
128GB256GB512GB
SIMフリー8万6800円9万8800円12万2800円
ドコモ9万8208円12万384円15万1272円
au10万1070円11万5020円14万3040円
ソフトバンク10万1520円11万5920円14万4000円
楽天モバイル8万6780円9万8800円12万2800円
(税込)iPhone 13 miniの各キャリアの実質負担額
128GB256GB512GB
ドコモ新規/機種変4万9368円6万984円7万7352円
MNP2万7368円3万8984円5万5352円
au新規4万3510円5万1100円6万6280円
MNP3万2510円4万100円5万5280円
機種変5万4510円6万2100円7万7280円
ソフトバンク5万760円5万7960円7万2000円
楽天新規/機種変4万3368円4万9392円6万1392円
MNP2万3368円2万9392円4万1392円
(税込)iPhone 13 Proの一括販売価格
128GB256GB512GB1TB
SIMフリー12万2800円13万4800円15万8800円18万2800円
ドコモ14万2560円16万5528円19万7208円22万6512円
au14万3040円15万6995円18万5015円21万2920円
ソフトバンク14万4000円15万7680円18万6480円21万4560円
楽天モバイル12万2800円13万4800円15万8800円18万2800円
(税込)iPhone 13 Proの各キャリアの実質負担額
128GB256GB512GB1TB
ドコモ新規/機種変7万2600円8万5008円10万848円11万5632円
MNP5万600円6万3008円7万8848円9万3632円
au新規6万6280円7万7355円8万8935円10万4000円
MNP5万5280円6万2755円7万7935円9万3000円
機種変7万7280円8万4755円9万9935円11万5000円
ソフトバンク7万2000円7万8840円9万3240円10万7280円
楽天新規/機種変6万1392円6万7392円7万9392円9万1392円
MNP4万1392円4万7392円5万9392円7万1392円
(税込)iPhone 13 Pro Maxの一括販売価格
128GB256GB512GB1TB
SIMフリー13万4800円14万6800円17万800円19万4800円
ドコモ16万5528円18万2160円21万3048円24万3144円
au15万6995円17万945円19万8965円22万6870円
ソフトバンク15万7680円17万2080円20万160円22万8240円
楽天モバイル13万4800円14万6800円17万800円19万4800円
(税込)iPhone 13 Pro Maxの各キャリアの実質負担額
128GB256GB512GB1TB
ドコモ新規/機種変8万5008円9万2400円10万8768円12万4344円
MNP6万3008円7万400円8万6768円10万2344円
au新規7万3755円8万1345円9万6525円11万1590円
MNP6万2755円7万345円8万5525円10万590円
機種変8万4755円9万2345円10万7525円12万2590円
ソフトバンク7万8840円8万6040円10万80円11万4120円
楽天新規/機種変6万7392円7万3392円8万5392円9万7392円
MNP4万7392円5万3392円6万5392円7万7392円

ツイートする

カテゴリートップへ

この連載の記事
この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII倶楽部

Apple Store オススメ製品
Tweets by asciijpeditors
アスキーストア's 人気ランキング ベスト5
© KADOKAWA ASCII Research Laboratories, Inc. 2022

表示形式: PC ⁄ スマホ

タグ: iphoneからhuaweiにsim車を変更する方法