Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

記事 人工知能は、思った以上に早く「人間の仕事を奪う」かもしれない

人工知能は、思った以上に早く「人間の仕事を奪う」かもしれない

人工知能は、思った以上に早く「人間の仕事を奪う」かもしれない
491
630
700
369

また、2028年には航空管制業務の95パーセントはロボットが処理するだろう。2036年には米国内にある工場のほとんどは20人以下の作業員で稼動するようになる。2034年までには、「Fortune 500」の企業で経営業務を担当するのは、人間よりロボットのほうが多くなるという。

人を傷つけないAIの未来を

マカフィーの独自調査からも、オートメーションのせいで中産階級が空洞化していることがわかる。この現象が顕著に現れているのは、男性だ。昔から男性が手作業でしてきた仕事は、女性が従事してきたサーヴィス業や人を世話する仕事に比べて自動化が簡単だからだ。

「米国の中産階級はルーチンワークに支えられて成り立っていましたが、そうした仕事の多くがすでにオートメーション化されています」とMITのマカフィーは指摘する。そして今度は、その残りをAIが奪う可能性があるという。AIは、パターンを認識しマッチングさせる作業に特に秀でている。要するに、医師や会計士がやっていることだ。優れたニュース記事を書くことさえ、ロボットができる。

人工知能は、思った以上に早く「人間の仕事を奪う」かもしれない

「自律走行車が視覚障害者を避けて通るというのは、素晴らしいSF的な話です」とマカフィーは言う。だが政治家や技術者は、そうした世界を正しく実現する方法を慎重に考える必要がある。MITで行われた会議では、陰鬱な見通しと熱のこもった提案が多く挙げられたが、それらのテーマは終始一貫していた。参加者たちは、「どうしたらオートメーションを、人間を傷つけるのではなく助けるものにできるのか」を考えようとしていたのだ。マヌーチン財務長官が、「必要ない」として議論しなかったテーマである。

クリントン政権とオバマ政権で大統領の首席経済顧問を務めたジーン・スパーリングは、「ワシントンの外ではこの問題が最重要課題になっていますが、ワシントンのなかでは状況がまるで違います」と言う。

囲碁の対局[日本語版記事]やポーカー[日本語版記事]では、想定されていたより早くAIが人間を打ち破った。同じテクノロジーが世界経済に大きな変化をもたらすまでに、これから50年もかかるだろうか?

そうした変化は、長い目でみれば経済にいい影響をもたらすかもしれない。だが、同時にダメージも与えるだろう。


RELATED ARTICLES自律走行車の「正義」を問うための5つの視点 #WIREDの哲学講座View Story

TEXT BY EMILY DREYFUSS

TRANSLATION BY SATOMI FUJIWARA, HIROKO GOHARA/GALILEO

タグ: 人工知能がaisの会計士にどのように影響するか