Connect With Us

clotilde07@hermann.com

Call For Inquiry

45-9601175

Opening hours

Mon - Sun : 09:00 - 16:00

記事 未経験者での志望職種「開発エンジニア」は58.4% 「インフラエンジニア」は32.1%で認知度の低さが課題に

未経験者での志望職種「開発エンジニア」は58.4% 「インフラエンジニア」は32.1%で認知度の低さが課題に

未経験者での志望職種「開発エンジニア」は58.4% 「インフラエンジニア」は32.1%で認知度の低さが課題に
491
630
700
369

株式会社ブレイバンステクノロジーズは2021年12月27日、現在接客業で働き、今後未経験でITエンジニア職種を志望する20代会社員106名を対象に「インフラエンジニア」に対する意識調査の結果を発表した。

関連記事:IT職種の平均年収は438万円 昨年から14万円減、平均年収トップはプロジェクトマネジャー

未経験転職での志望職種、「Webエンジニア」が55.6%

「あなたがITエンジニアとして最も希望する職種を教えてください。」という質問に対しては、「Webエンジニア(開発エンジニア)」が55.6%、「サーバーエンジニア(インフラエンジニア)」が12.3%となった。業種別では「開発エンジニア」の58.4%に対し、「インフラエンジニア」は32.1%にとどまっている。

インフラエンジニアの志望理由「人の生活になくてはならない」「不況でも需要あり」など

もっとも希望する職種として、サーバエンジニア・ネットワークエンジニア・データベースエンジニア・セキュリティエンジニアと回答した人に、その理由をたずねると、「人の生活になくてはならないインフラだから」が38.2%、「不況でも需要がある領域だから」が38.2%、「常に最先端の技術が出てきてこれから必要になるスキルだと思うから」が35.3%となった。

同じく、もっとも希望する職種として、サーバエンジニア・ネットワークエンジニア・データベースエンジニア・セキュリティエンジニアと回答した人に、そのほかの理由を聞くと、「世間にとって必要だと思える仕事がしたい」「これからも必要とされる技術だと思うので安心」といった回答が寄せられた。

未経験者での志望職種「開発エンジニア」は58.4% 「インフラエンジニア」は32.1%で認知度の低さが課題に

開発エンジニア志望の41.9%、インフラエンジニアの仕事内容をまったく知らない

もっとも希望する職種として、Webエンジニア・制御・組み込みエンジニアと回答した人に、インフラエンジニアの仕事内容について知っているかたずねたところ、「まったく知らない」が41.9%、「少し知っている」が33.9%となった。

ITに関して勉強した内容、「html」が34.0%、「Java」が30.2%

「あなたがITに関して勉強した内容を教えてください。(複数回答)」という設問では、「html」が34.0%、「Java」が30.2%という結果になった。

そのほか、ITに関して勉強した内容を自由に答えてもらったところ、「専門的なマーケティング理論」「ITパスポート資格」といった回答が得られた。

「あなたがITに関して勉強したかった・勉強したい内容を自由に教えてください。(複数回答)」と質問したところ、「Java」が32.1%、「ネットワーク」が28.3%、「html」が27.4%、「データベース」が25.5%という結果になった。

そのほか、ITに関して勉強したかった・勉強したい内容については、「事業にできるセンターマネジメント」「MO(マイクロソフトオフィススペシャリスト)」などの回答が得られた。

今回の調査で、未経験のエンジニア転職として、Webエンジニアへの注目度が最も高く、それと比較して「インフラエンジニア」については、認知度が低いことが明らかになった。慢性的なIT人材不足の裏で、IT技術の発展やコロナ禍でネットコンテンツが増加したことにより、「インフラエンジニア」の社会での需要は高まっている。日本経済の基盤であるインフラを支えるために、未経験からでも挑戦しようとする優秀な人材が業界で求められている。

【調査概要】・調査概要:ITエンジニア志望者の「インフラエンジニア」に対する意識調査・調査方法:インターネット調査・調査期間:2021年11月17日〜同年11月19日・有効回答:現在接客業をしており、今後未経験でITエンジニア職種を志望する20代会社員106名への調査

>>ニュースリリース

関連記事:IT職種の平均年収は438万円 昨年から14万円減、平均年収トップはプロジェクトマネジャー

タグ: 人工知能のためにあなたの労働力を再スキル化する方法